パーフェクトな波とサーファーを最高なカメラマンがおさえる

f:id:seasalt-tokyo:20131226094250j:plain

 

2013年ASP WCTルーキーオブザイヤーを獲得したNat Youngのスタンディングチューブショット。

 

撮影地は2011年からVolcom主催のFiji Proも開催されているTavaruaのCloud Break。

「地球上で最もパーフェクトな波」の1つとされるシャローリーフでパーフェクトなレフトハンダー。

一度強い南スウェルが入ればサイズは上がり、Tow inでしかサーフ出来ないようなモンスターグリグリチューブにまでサイズアップする。

 

写真は生粋のSurfingフォトグラファー、Nate Smith

 

Surfer、波、カメラマンの全てが揃ったパーフェクトショット。